基礎知識

オンラインカジノの歴史 世界初のオンラインカジノや日本でのはじまり

世界で初めてオンラインカジノの運営が始まったのはいつ頃なのか、またオンラインカジノの運営を開始した企業はどこなのか。

こういったオンラインカジノの歴史的な背景に興味を持つ人もいるかもしれません。

海外では一般的なオンラインカジノも日本では徐々に注目されてきた段階なので、「本当に安全なの?」「違法なことじゃない?」と心配になる人も多いようですね。

そこで、一般的なオンラインカジノの歴史について調べてまとめてみました。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史については、

  • オンラインカジノ公式ライセンス発行の法律が可決
  • オンラインカジノ・ソフトウェア会社の設立
  • オンライン決済システムの誕生

という流れで進んでいきます。

それぞれ簡単に紹介しますね。

オンラインカジノの歴史については正確な文献などはないため、サルカジ編集部が独自に調査した内容となります。

そのため、正確性については保証ができず、一般的に言われているオンラインカジノの歴史となりますので、その点のみあらかじめご了承のうえ、読んでもらえると幸いです。

正式なオンラインカジノ運営ライセンス発行

アンティグア・パーブーダの国旗

1994年、イギリス連邦に属し、人口7万人に満たない「アンティグア・パーブーダ」でオンラインカジノ運営者に向けて政府のライセンスを発行する法律が世界で初めて可決されました。

これがオンラインカジノの歴史のはじまりだと言われています。

ちなみに、「アンティグア・パーブーダ」発行のライセンスは信頼性が高いことでも有名でマルタ共和国やジブラルタル、マン島のライセンスと同じくらい多くのオンラインカジノで採用されています。

→ アンティグア・パーブーダについてもっと詳しく(Wikipedia)

オンラインギャンブルのソフトウェア会社設立

オンラインカジノを運営するための正式なライセンスが発行された後、同じく1994年に「マイクロゲーミング社」がオンラインカジノ・ソフトウェア会社を設立しました。

マイクロゲーミング社はイギリス領のマン島を拠点として1994年に創立されソフトウェア会社で、現在も多数のオンラインカジノでソフトウェアが採用されています。

ポーカーやライブカジノ、ビンゴにスポーツブックなど1200種類以上のゲームを作ってきて、現在も業界トップの知名度を誇っています。

オンライン決済セキュリティーソフト会社の設立

オンラインカジノを運営するにあたってもう1つ重要なのが「決済システム」による安全性の確立でした。

この決済システムは、1996年に設立されたクリプトロジック社がオンラインでの決済を安全に行うためのソフトウェアを開発しています。

これによって、オンラインカジノを安全に運営する仕組みが整ったのです。

世界初のオンラインカジノが1996年に誕生

オンラインカジノのライセンスやソフトウェアは1994年に作られていましたが、世界で初めてオンラインカジノの運営がスタートしたのは1996年です。

オンライン決済システムのソフトウェアを開発したクリプトロジック社の子会社にあたる「ウェイジャーロジック社」が運営する「インターカジノ」が世界で初めてできたオンラインカジノと言われています。

インターカジノは2007年にマルタライセンスを取得しており、今なお人気のオンラインカジノの1つです。

昔のオンラインカジノは危険だった?

オンラインカジノが登場しはじめた当初は、信頼できるライセンスを持っていないオンラインカジノ運営会社も多く存在していました。

そのため、オンラインカジノ選びを間違えると「勝ち金の未払い」や「ユーザー側に非のないアカウント凍結」、「不正な確率操作」「突然運営が停止されお金を持ち逃げされる」などのトラブルが起きていたようですね。

現在は、取締の強化やライセンス発行審査基準の引き上げによって、そういったオンラインカジノの数はかなり減っています。

運営ライセンスがしっかりしているオンラインカジノで遊ぶことで、不正を働かれたり、トラブルが起きる可能性を限りなく低くすることができるようになりました。

しかし、怪しいオンラインカジノが少なからず存在することも事実なので、安全に遊べるオンラインカジノを見極めなくてはいけません。

当サイトで紹介しているオンラインカジノは、ライセンスや運営面など多項目から調査した「安全に遊べるオンラインカジノ」のみなので安心して遊ぶことができます。

初の日本語対応オンラインカジノ設立

オンラインカジノ自体が初めてできたのは1996年でしたが、この頃はパソコンも高価でインターネット自体も今ほど普及していない時代です。

さらに、日本語に対応しているオンラインカジノはなく、海外のみでの展開だったため、オンラインカジノはそこまで浸透していませんでした。

2000年代前半になると、徐々に日本語にも対応したオンラインカジノが登場してきます。

しかし、日本語対応といっても海外版を無理やり日本語に翻訳して内容がわかりにくく、ゲームは面白くても楽しめないという状況でした。

そんな中、2000年代後半に「インペリアルカジノ」が登場します。

「インペリアルカジノ」は日本にオンラインカジノを広めるきっかけとなったカジノで、日本語サポートを最初に始めたオンラインカジノだと言われています。

そして、日本語にしっかり対応しているオンラインカジノ運営会社が登場したことで、市場間の競争も始まり、次第に日本でもオンラインカジノが普及していきはじめます。

オンラインカジノがスマホに対応

オンラインカジノをはじめてスマホに対応させたのがベラジョンカジノだと言われています。

これまではパソコンでのみ遊べていたオンラインカジノが、ついにスマホでも遊べるようになったのです。

さらに、実際のカジノの臨場感を再現したライブカジノも始まったりと、ランドカジノに行かなくてもオンラインでバカラやルーレットなどのギャンブルを楽しめるようになったのです。

まとめ

オンラインカジノの歴史についてまとめます。

  • 1994年:アンティグア・パーブーダでオンラインカジノ公式ライセンス発行の法律可決
  • 1994年:マイクロゲーミング社がオンラインカジノ・ソフトウェア会社設立
  • 1996年:クリプトロジック社がオンライン決済システムの誕生
  • 2000年代前半:オンラインカジノが日本にも出てきはじめる
  • 2000年代後半:日本語サポート対応のインペリアルカジノ誕生

オンラインカジノの歴史は世界で見ても20年程度と浅いですが、安全に遊べる体制も整っており日本でも注目度が上がってきています。

オンラインカジノ自体はギャンブルですが、過去の裁判で無罪が立証されているため違法ではありません。

※正確には合法ではなく、オンラインカジノを禁止する法律がないため有罪になることがないという結論です

オンラインカジノに興味があるなら、ぜひ当サイトおすすめのオンラインカジノでプレイしてみてください。