カジ旅

カジ旅は信頼できるオンラインカジノなの?運営情報やライセンスから違法性の有無も調査

カジ旅は2014年にスタートしたオンラインカジノで、ライブカジノにも対応していますが、どちらかといえばスロット好きな人向けに作られています。

独自のRPG制度を導入したりとゲーム性が高く、「EGR」や「グローバルゲーミングアワード2018」など海外のイベントで賞を受賞するなど評価も高いです。

そんなカジ旅の運営体制は信頼できるものなのか、違法性がないかを調査しました。

\入金ボーナス最大500ドル!/

カジ旅は信頼できるオンラインカジノか調査

オンラインカジノに違法性がないか、信頼できるかについて重要になるのが、「取得ライセンス」「企業所在地」「ゲームの公平性」の3点です。

そこで、これらをそれぞれ調べてみました。

取得ライセンス

Casitabi licence1

カジ旅は現在、「Antillephone」のライセンスを取得して運営されています。

(#8048/JAZ2015-004ライセンスの下に認可)

Antillephoneはキュラソー政府からライセンス発行などの認可を受けて活動している機関で、名称は違いますが「キュラソー」ライセンスとほぼ同じ扱いになります。

そのため、正式な国際ライセンスなので運営許可の面では問題ありません。

なお、キュラソーライセンス自体の信頼性は普通なのですが、カジ旅は過去にマルタライセンスを取得していたこともあります。

Casitabi licence3

マルタライセンスの信頼性は非常に高いです。

現在はキュラソーのみとなっていますが、マルタライセンスを過去に取得できたということは「きちんとした運営をしている」判断につながるのではないかと思います。

イヌタ
イヌタ
マルタライセンスをやめたってことは信頼性が心配ってことじゃないの?
サルくん
サルくん
マルタライセンスの信頼性は高いですが、審査の厳しさから運営の自由さが失われる側面もあるみたいですね。カジ旅は独自のゲーム性を取り入れているので、その辺りを考慮したのかもしれません。
オンラインカジノのライセンスの役割!信頼できる発行国も紹介オンラインカジノが安全かどうかを見極める指標の1つに「ライセンス」があります。 ライセンスを取得していないオンラインカジノは違法なので...

運営企業と所在地

カジ旅の運営企業と所在地は下記です。

運営企業Sweetspot N.V.
運営所在地Heelsumstraat 51,Curacao

採用ソフトウェア

カジ旅で採用されているソフトウェア会社は全部で8個です。

カジ旅で遊べるソフトウェア会社
  • Yggdrasil Gaming
  • Push Gaming
  • Quickspin
  • Microgaming
  • Play’n GO
  • Net Entertainment
  • PLAYSON
  • Evolution Gaming

見ての通り、有名なプロバイダが多いですよね。

カジ旅はソフトウェア会社が少ない点は人によって物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、これは信頼できるソフトウェアのみを導入しているからなので、その分信頼性は高いです。

\登録だけで40ドルの入金不要ボーナス/

カジ旅で遊んでも違法ではない!

カジ旅で遊ぶことに違法性はありません!

キュラソーと同等の「Antillephone」ライセンスを取得し、運営企業もキュラソーにあります。

採用プロバイダも信頼性が高いところばかりなので、安心して遊ぶことができます。

まとめ

カジ旅の信頼性について調査した結果をまとめます。

まとめ
  • 運営企業はキュラソーにある「Sweetspot N.V.」
  • Antillephoneのライセンスを取得
  • 全8社の信頼できるソフトウェア会社のみを採用

カジ旅は運営もしっかりしているオンライカジノで、入金不要ボーナスや入金ボーナス、独自機能の冒険を進めることでフリースピンももらえたりします。

ライブカジノのソフトウェアが2社で少し物足りないですが、その分スロットに力を入れているのでスロットが好きならきっとハマるはずです。

まずは下記から登録して遊んでみてくださいね。

\登録ボーナス40ドルがもらえる!/

https://sarukaji.jp/casitabinodeposit-bonus/